働き方改革には、中間管理職のマインドセットとアクションチェンジが必要です。
『イクボス実践トレーニング』では、社会的重要なテーマである
「育児しながら働く人」の生活体験をきっかけに
社員の「ダイバーシティ&インクルージョン」の理解促進を目指します。
そろそろ本気の働き方改革にシフトしませんか?

イクボスとは〜イクボス10ヶ条〜 イクボストレーニング内容 ダイバーシティ推進とプログラムの関係性

News

イクボス 実践トレーニング内容

青野 慶久氏

サイボウズ株式会社
代表取締役社長
青野 慶久氏

働き方改革が本格的に始まりました。「育ボス」を増やすことが人材採用と定着の促進、そして社会的信用の獲得や営業活動にまでプラスの影響を与えます。実践的なトレーニングで早急に組織を変革していきましょう!

駒崎 弘樹氏

認定NPO法人
フローレンス 代表理事
駒崎 弘樹氏

経営者として、今の時代、子育て中の社員をうまくマネジメントできない方は、マネージャにはしたくありません。一般の研修で行動変容に導くのはなかなか難しいですが、このプログラムなら、体に刻まれてくれるでしょう。

白河 桃子氏

少子化ジャーナリスト
働き方改革実現会議有識者委員
白河 桃子氏

政府が策定した「働き方改革実行計画」には「イクボスを増やす」ことが盛りこまれています。働き方改革の要は「ボス」であり、ボスの「イクボス」へのアクションチェンジに最も効果的なプログラムです

イクボス 実践トレーニングの内容

イクボス 実践トレーニングの内容

講座と体験を組み合わせ、メンバーの状況を実際に経験することで、マネージャーが他者との違い(多様性)を理解し、当事者意識を持ちながら、マネジメントの幅を広げることができます。

ありがちな研修との違い 〜ボスの圧倒的な行動の変化を促す〜

ありがちな研修

イクボス実践トレーニング

あり1
時間




使

あり2イクボスブートキャンプ2

時間内だけでこなせてしまう

言い訳できない環境で
仕事のやり方が変化していく

人











|



あり3イクボスブートキャンプ3
結局、仕事の押し付け合いに。
矢印
マネージャーとメンバー、
またはメンバー間の対立構造は変わらない。
チーム全体の応援と信頼の基で、
多様性のマネジメントへと変改していく
矢印

マネージャーのブレイクスルー

プログラムの効果(参加者の声)

プログラムの効果

プログラムの効果

時間の使い方と多様なメンバーの状況を知る
矢印3

新しいマネジメント手法を得る

参加した管理職の声

voice1

管理職A

頼れる兄貴分ボス
いざとなると自分で手を動かしてしまう

子どもの迎えのために、17時に強制的に帰ることで、
仕事効率化を意識し、部下に任せれるように
なった

voice2

管理職B

モーレツ社員
何でも自分で出来てしまう

子育て中の社員じゃなくても、メンバーの抱える背景や状況を想像することができるようになり、
単なる配慮ではなく、仕事の依頼や交渉もできるようになった。

voice3

管理職C

ビジョンが明確で理想が高い
メンバーの手本になりたいが、重圧を感じている

マネジメントについて1人で悩んでいたが、気軽に相談できる
マネージャー仲間や多様な社員の繋がりができたことで一人で抱え込まなくなった

ダイバーシティ推進とプログラムの関係性

ダイバーシティに必要な4要素

ダイバーシティ推進とプログラムの関係性

ダイバーシティの実現(組織風土の変化)には、コミュニケーションや制度再構築など複数の要素が必要になりますが、イクボス実践トレーニング(イクボスブートキャンプ)では、座学や体験を組みあわせたプログラムで全ての要素に取り組むことができます。

プログラム後のダイバーシティ波及効果

プログラム後のダイバーシティ波及効果
arrow4

マネージャーが変わることで、子育てという
メンバーの他人事社会毎に変化していく

arrow4

個人ではなく、社会全体で
ワーク&ライフが実現

マネージャーが体験をし変化することにより、直属のメンバーの意識が変わっていきます。また、マネージャー自らが役員や社長に提言をすることで、トップの覚悟が決まり、社内全体の取り組みに移行していきます。プログラムでの変化を社内やメディアを通じて社会に発信することで、社外からのポジティブな評価が社員に伝わり、会社の中で取り組みが浸透していきます。
ボスが変化することにより、周りのメンバーだけではなく、社内全体、ひいては社会の意識を変化させてくことに繋がります。このような役割を「連結ピン(米R.リッカート)」といい、ミドルマネージャーは「優れたコーディネータ」であることで会社が上手く機能していくとされています。

メディア掲載

メディア企業

本気の取り組みは波及効果が高い!

[TV]
NHK、フジテレビ、TBS、ドイツ公共放送連盟(ARD)
[新聞]日本経済新聞、共同通信、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、

[ラジオ・雑誌・WEB]
TOKYO FM、PRESIDENT
WOMAN、日経ビジネス、日経WOMAN、AERA、就活type、
Woman type、oggi、Grazia、GEO story、
日本労働組合総連合会「連合」、
日経ビジネスオンライン、YOMIURI ONLINE

プラン例の一覧

仕事の効率化新しいマネジメント
引き出しが増える幅が増える
ベーシックプラン講座ダイバーシティ講座
共働きの状況を知る講座
子どもの発達マネージャー交流
体験/
実践
子育て体験
 -17時退社
 -3日連続
子育て体験
 -子供との関わり
 -子育て社員へのインタビュー
メンバーへの関わり方を変える
働きを考える
 ワークショップ
発信メンバーに気づきを共有プログラムの気づきを
 社長にプレゼン
オプションプラン生活体験から
 サービスアイディアを考える
多様な状況の社員へのヒヤリング
働き方を考えるワークショップ
 (部署で実施)
イクボス講座
メンターMTG
 -他部署の上司との面談

イクボス実践トレーニング(イクボスブートキャンプ)では、「講座」「体験/実践」「発信」の3つから成るベーシックプランを元に、社内の課題に合わせたオプションプランをご用意しております。

まずはお問い合わせから

人事部の方向けセミナー

ダイバーシティとは、を人事の方に体験してもらう。

上司向けセミナー

・ダイバーシティマネジメントの基礎についてインプットする。
・複数部署のメンバーを巻き込んで働き方を考えるワークを体験してもらう など

お問い合わせはこちら

初めてご利用になる場合は体験講座からご用意しております。お気軽にお問い合わせください。

page top